メニュー

社員のために会社のために

男性

人命救助だけではない役割

みなさんの会社にAEDは設置されているでしょうか。また、設置する予定はありますか。そもそもAEDとはどのような時に利用する機械なのでしょうか。AEDは心臓が正常に動かなくなってしまった際に、電気ショックを与えることにより心臓を正常なリズムに戻すための機械です。機械の使用は、医療関係者だけではなく、一般の人でも行えます。心停止は突然起こるケースも多く、命にかかわるとても恐ろしい症状です。また心臓が正常に機能しなくなってからの一刻も早い蘇生が重要であり、救急車が到着する前にAEDによる蘇生ができれば倒れた人が助かる可能性は高くなるのです。ではあなたの会社にAEDを設置するメリットとはなんでしょうか。まず、先ほども述べたとおり心停止時の一刻も早いAEDによる蘇生は、命を救うための大きなカギとなります。つまり自社に設置しておけば従業員が有事の際により迅速な対応が取れ命を救うことができる可能性が高くなるのです。その他にも、従業員や自社を訪れる人へのアピールになることが挙げられます。AEDの設置をすることは、従業員のことをよく考えている安心で安全な会社であることの何よりのアピールになります。AEDは普段使うものではありませんし、導入にも維持にもコストがかかります。しかし、AEDを設置することの価値はコスト以上にあるのではないでしょうか。従業員のためにも会社のためにも、あなたの会社にAEDを設置してみてはいかがですか。

Copyright© 2018 AEDの大切な知識【不特定多数の命を救う】 All Rights Reserved.