メニュー

メンテナンスが重要

AED

肝はチェック体制の整備

AEDを導入した際に最も気を付けたいのがメンテナンスです。AEDは人命救助に関わる医療機器と言う特性から自動的にメンテナンスを行う仕組みが採用されています。何らかの異常がある場合、AEDに付いているランプが点灯したり、色が変わるなどの変化をする事で利用者に異変を知らせてくれます。セルフでメンテナンスをしてくれるので、日頃の手間は掛かりませんが、その異変に気付けるかどうかと言うのがポイントになって来ます。緊急事態に利用する医療機器である為、日常的に気にする人はほとんどおらず、異変に気付かないケースも少なくありません。定期的なチェックをルーティン化するなどの体制作りも重要となってくると言えるでしょう。また、販売店によっては遠隔操作を行い、異常を検知したら電話やメールで知らせてくれるサービスもあるので人のリソース的に定期的なチェックが難しい場合はそれらも活用するのが賢明です。なお、AEDの異常として現れるものの多くはバッテリーや電極パッド部分です。いずれも使用期限が設けられており本体の耐用年数よりも短くなっています。その為、耐用年数以内の製品でも交換が必要になるケースがあるので、導入をする際には頭に入れておく必要があります。この様にAEDは人の命を救う社会的な価値も高い医療機器ですが、その効果を最大限発揮させる為にも、適切なメンテナンスが必要が必要です。必要に応じて、チェックをルーティン業務とするなり、メンテナンスを外注するなどして万全の体制を敷きましょう。

Copyright© 2018 AEDの大切な知識【不特定多数の命を救う】 All Rights Reserved.