メニュー

購入かレンタルか

ハート

導入するメリット

AEDとは自動体外式除細動器のことで心臓が細動によって血液が送り出せなくなったさいに電気ショックを自動的に与えることで正常な機能を回復させる装置のことです。これまでこのような心臓発作に関しては心肺蘇生法しかありませんでしたが、心肺蘇生法は一定の技術が必要で、回復させるのが困難な場合もありましたがAEDであれば電気ショックによって行うので安全に機能を回復させることができます。AEDは主に公共の場に設置されていますが、企業にも導入するところが増えています。特に心臓発作は一分一秒を争うことですからAEDの設置の有無が生死を分けるといっても過言ではありません。一方でAEDを導入するさいには購入するかレンタルかの選択肢があります。購入の場合には20万円から35万円は必要とされ保証期間は5年、耐用年数は7年です。消防などプロ向けのものは50万円以上しますが、公共の場に導入されているのは20万円から35万円程度のもので十分です。レンタルに関しては月額4,500円から6,000円程度で5年間の契約です。レンタルの方が安いわけではなく仮に5,000円で契約すると5年間で約30万円程度と購入とそれほど変わりありません。このため企業がAEDを導入する場合には会計処理を念頭に導入するのが無難です。レンタルであれば経費で処理することができますが、購入となれば減価償却処理をしなければなりません。またAEDもいつまでも使えるものではありませんから定期的に交換するといった場合にはレンタルの方が強みがあります。

Copyright© 2018 AEDの大切な知識【不特定多数の命を救う】 All Rights Reserved.